ダミーブログタイトル 未来の都市デザイン:持続可能性を追求する建築の新たな地平 #2

2024-03-06
 · 
0 min read
Featured Image

 株式会社益田工房東京はWebサイトやグラフィックデザインを中心としたクリエイティブ企業で、渋谷駅から15分くらい離れた国道沿いにあるビルの1階にその拠点を構えていました。オフィスの中は、アウトドア関連ギアが所狭しとディスプレイ販売されている店舗併設型のオフィスを実験的に展開していました。男性ならきっと興味を惹かれるような、ちょっとマニアックなアイテムと気になるタイトルの雑誌や書籍に囲まれた空間は、代表の大石さんのパーソナリティも相まって、おおらかな空気で満たされていました。

大石さんからオフィス環境の一新を相談された頃は、コロナ禍真っ只中の時期でした。現在のロケーションで、物販店舗を併設させたオフィスの持続可能性を再検討すると同時に、「社員や来客者がオフィスに来る意味」について色々と考えておられた様子でした。これからの益田工房東京は、オンラインとオフラインのコミュニケーションに新しい価値を創り出すような活動と共に、「はたらく環境」も自分たちらしいスタイルを言語化して、空間に落とし込むところまでを一緒に考えてつくっていきたいという嬉しいお誘いでした。

益田工房東京がクリエイティブ活動を通じて培われてきた価値観や、顧客へ提供してきた価値など、様々な対話から現状を把握させていただくことからプロジェクトのデザインをスタートさせました。

未来へ向けて、現在のソフト面・ハード面での枠組みを変えていくために、ロケーションを変える(移転する)という方針で不動産探しも含めて具体的な立地や予算などの対話も進めることになっていきました。